【教室内紹介】移転から1か月が経過!

みなさん、こんにちは!

進学塾ライトアップ代表の西川です。

現在は、学校で二者or三者面談が

行われている中学校もあるようで、

授業はお昼までで

そのまま帰宅する生徒さんもいらっしゃるので、

もしよろしければ、塾を14時から使ってください!

教室の2階入り口に、ささやかですが、

OPEN/CLOSEの看板をつけました!

黒猫のシルエットが、塾のロゴとマッチしているので、

とってもオシャレに感じます!

これでなんと、総額たったの500円!!(税抜き)

看板の文字は、これからもう少し

こだわっていきたいと思っています。

さて、新校舎での授業を始めて、1か月が経ちました。

ここまでで感じた生徒さんの変化を

すでに何度も書いている気もしますが、

改めて2点にまとめて書いてみます。

変化その① 中1の単語テストの合格率が上がった!

これはとある生徒さんの、

英単語の小テスト結果の推移です。

左から順に、

3/24→3/27→3/31→4/3→4/7→4/14→4/17→4/21

の英語の授業の小テスト結果です。

Aさん: 0点→13点→0点→10点→1点→0点→13点16点

Bさん: 0点→11点→5点→8点→1点→7点→13点14点

Cさん: 1点→5点→欠席→8点→10点→4点→11点→15点

黄色いマーカーで線を引いた部分が、

小テスト一発合格だった回です。

初回は単語が全く出来なかった生徒さんたちに

少しずつですが、単語テストを頑張る

という習慣が生まれ始めています。

宿題なんてほぼ無かった小学校からの

初めての塾、初めての中学の勉強ですから、

仕方ない部分もありますし、私の力不足もあります。

ですが、この結果を見て、

国語の漢字テストも、英単語テストも

能力なんて関係なく、やればできる。

そこに多少の覚える時間の差があったとしても、

努力すれば結果が出るのは間違いない、

ということをみなさんに理解してもらえたと思います。

どうか小テスト不合格を当たり前にしないように、

「自分なんてどうせ出来ない」という、

残念な思いこみを捨てられるように、

自分のために小テストを引き続き頑張ってほしいです。

(もちろん、他学年のみなさんも)

変化その② 生徒たちのつまづき、ミスに気づける

昨年度、少し残念だったのが

現中2の生徒さんたちに数学での自信を

つけてあげられなかったことです。

精神論に思えるかもしれませんが、

私から見て、数学は

「メンタルの大切な教科」

だとつくづく思います。

「こんな難しい問題、たぶん解けない。」

と思うと、とたんに解けなくなったり、

しょうもないミスをしたりしてしまうけれど、

「簡単!絶対出来る!」

と思って解くと、解法をひらめいてしまうのが、

数学という教科です。大学入試も同じです。

広島県の高校入試の改革にそなえて、

何としても実力をつけさせなければ!

と、鼻息を荒くしてテキストを選んだ結果、

多くの生徒さんにとっては、苦行になりました。

今年度のテーマは「自信をつけさせる」ことと、

「苦手な生徒のつまづきに気づく」ということです。

その点で、本日は中2の居残りになった生徒さんが、

最後に「初めて分かった・・・」と

言われたときは非常に嬉しかったですね。

本人は、「今まで全部間違ってた・・・」と、

少し放心状態でしたが、

それをテスト前よりもかなり前に

気づけたことが本当に良かった!

前向きな気持ちになれたら、

今まで努力してきて良かったと思えるはず。

この画像は、別の生徒さんの

やってくれた宿題の部分です。

答えは合っているので、

今までは気づけませんでしたが、

この「=(イコール)」の使い方の違和感。

一行目と二行目をイコールでつないでしまう

ということは、イコールの意味を考えていないか、

根本的に理解できていないか・・・。

どちらにしても、この生徒さんには、

しっかりと説明をする必要があると分かります。

こんなのは序の口で、色々なところに

気づける気づける・・・

塾の宿題の提出が遅れたり、

字や〇つけが雑な生徒さんは、

学校でも提出物遅れで、

平常点を下げられていることが多いです。

この「気づき」をしっかりと、

テスト対策に反映したい・・・

ということで、まだまだみなさんの宿題と

にらめっこしながら、一喜一憂する日は続きそうです。

最初の定期テストで、最高のスタートが切れるよう、

今の勉強を完璧に。しっかりとやり切ろう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です