【教室内紹介】やはり国語・・・

みなさん、こんにちは!

進学塾ライトアップ、代表の西川です。

 

先日土曜日は中1・中2の国語の授業で、

やはり国語の大切さを痛感しました。

 

とある中1の生徒さんは、先日の模試のときも

国語の授業のときも、問題がほぼ解けていない。

模試もほぼスカスカ、授業でも選択問題すら解けず。

 

まさに、「手も足も出ない」といった状況。

 

やる気がない、という簡単なことではないでしょう。

 

実際、まだまだこれからですが、

他の教科の勉強は頑張ってくれていると思います。

 

おそらく、小学生の頃に本を読むということを

あまりしてこなかったのかなと思います。

 

「国語っていうのは、一番大切な教科なんだよ。

 だってすべての教科、

 問題文は日本語で書かれているわけじゃん?

 

 だから、国語が出来ないと他の教科の成績も

 なかなか伸びていかないんだよ。

 

 みなさんには、マンガでもなんでもいいから

 文字を読んで、分からないものは誰かに聞いたり

 調べたりして、少しずつ文章を読むのに慣れてほしい。」

 

という話をしました。

 

 

https://sakatajuku-chugakubu.hatenablog.com/entry/2021/02/02/003000

 

これはやはり、以前ブログでも紹介した、

読書カードを作って、ゴールデンウィークの課題に

するべきだなと感じました。

 

そのようなこともあって、

教室には新たに市販の国語関係の本を置き始めました。

 

『論理力思考力ドリル』はすでに教室に置いてありましたが、

新たに『2分で読解力ドリル』を普通・やさしめの2冊

そして、『論理力思考力ドリル』のむずかしめ1冊を追加しました!

 

『読解力ドリル』に関しては、

パラパラとめくってみましたが、

 

印象としては、新井紀子先生が行っている、

RST(リーディングスキルテスト)に近い印象でした。

 

https://sakatajuku-chugakubu.hatenablog.com/entry/2020/08/20/230000

もちろん、教室にただ置いただけでは、

みなさんも手に取ってくれないと思うので、

 

こちらはなんとか授業の中にも

組み込んでいきたいと思っています。

 

 

中2の授業では、みなさんが良く間違える

あの問題が・・・

「ここは絶対に気を付けて!」という話を

かなり熱を込めて話したつもりですが、

これが実際のみなさんのテストに活かされるかどうか

次の模試のときに確認をしたいと思います。

 

ということで、今週も頑張りましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です